今日は宮沢賢治の命日です


昨年のアメニモマケズの朗読大会の大賞の方、あったかいなはん号の運転手さんでもあります


我らが小山先生
光太郎と賢治のつながりをサクッと10分ぐらい



寒くて途中で抜けてきました。澄みきったのイーハトーブの夜でした
スポンサーサイト

 2016_09_21




この間はもう春が来たような暖かさで
この冬何もしないで過ごしたので少し散歩に出ることにしました
普段は冬は閉めている所ですが数人でお願いしたようで見せてもらいました

花巻にある病院の院長が個人で建てたもので賢治の碑の入り口にあります
まるで個人の財産みたいなところなので何処でPRしているとかそういうものではありません
でも持っているものは凄いのです
初めの案内の写真に写ってるようにこの四人のお宝です
さながら小さい美術館並です
賢治の両親と親交が深く、病院内に賢治から花壇を設計してもらったり、詩碑を建てるのも甚大な協力をしています
中ではビデオが見られ賢治の詩碑を建てたときのお披露目の様子が見られます

高村光太郎が書いた書です元々賢治碑は光太郎の揮毫によるものです
より鮮明で素晴らしいです
全文あります
つづく、、、
 2015_01_28


やまなし

Category: 宮沢賢治  

IMG_0110.jpg

今日は賢治祭です
これは宮沢賢治の記念館の駐車場にある
やまなしの木

IMG_0108.jpg

タクシーの運転手の方が
こんなにびっしりやまなしの実を付けたのは
見たことがない
というので
早速偵察に・・・・
ホントにたわわに実ってました
IMG_0115.jpg
やまなしは賢治の有名な童話ですが
本当のやまなしの木は背が高くて
実は小さく
でもその実はとてもいい香りがします
 2014_09_21




我が家のまわりも
こんな世界ではないでしょうか?

矢吹申彦さんの絵葉書
です
宮沢賢治のなめとこ山の熊
雰囲気がいいでしょう
 2014_01_23


冬の休日

Category: 宮沢賢治  



盛岡で賢治の展示会があって
どうしても見たいものがあって
休みを利用して行って来ました
高村光太郎が書いた畳1畳分の雨ニモマケズの詩の後半の書
今回初公開なそうです
棟方志功の雨ニモマケズの詩と版画
この2つは素晴らしかった
棟方志功独特の仏像が色々な顔で
賢治の詩に更に色を添えます
そして
日輪や月夜の電信柱の絵は
本物は初めて見ました
なんだか不思議な力のある絵でした


最後の方に賢治が両親に宛てた自筆の手紙も公開していました
普通親より早く亡くなるほうが少ないので
親にこのような手紙を出す人は少ないのでしょうが
大変心を打つ手紙でした

父上様
母上様
この一生の間どこのどんな子供も受けないような
厚いお恩をいただきながら
いつも我儘 お心に背きといとうこんなことになりました
今生で万一でもついにお返しできませんでした
ご恩はきっと次の生又その次の生で
ご報じ致したいとそれのみを念願いたします
どうか信仰というのでなくても
お題目で私をお呼びください
そのお題目で絶えずお詫び申し上げお答えいたします

という文です
手帳に写してきました
多少の字の間違いはお許しを^^;)


kimmyさんに無理を言ってランチを一緒しました
ありがとうkimmyさん
買い物をしたら
結構暗くなり、降りた駅前はなんだか不思議な賢治の世界になっていました
軽便鉄道のミニチュアがあり
スクリーンには画像が写っていましたが・・・
寒かったので
またあとで詳しく調べておきます
 2013_12_22




02  « 2017_03 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

rinrin

Author:rinrin
花が好き
最近はダーリンとの2人3脚で
ボコボコの農作業をしております

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.